番組審議会

「番組審議会からのお知らせ」放送内容

2019年5月 特別番組「源石和輝ひるカフェ~イクメンと呼ばないで~」 「番組審議会からのお知らせ」放送内容

  5月の番組審議会が今月10日に開かれ、3月21日(木)正午から午後1時まで放送の
  特別番組「源石和輝ひるカフェ~イクメンと呼ばないで~」について審議が行われました。

  出席した番組審議会の委員は五十音順に、
  麻生知章、岩瀬正明、三摩真己、宮﨑眞知、山口禎一郎、
  以上の皆さんで土岐正紀委員は書面での出席となりました。
  東海ラジオ放送側からは、小畑耕一代表取締役社長、田中康之常務取締役、中村和範報道制作局長、
  北敏明報道制作局次長兼編成部長、番組プロデューサーである源石和輝アナウンサーが出席しました。

  2018年2月、源石アナウンサーは次男誕生に伴い、1か月の休暇を取得しました。
  この間、番組は20人のパーソナリティが日替わりで担当する形になりましたが、
  こうした取り組みがニュースとして取り上げられました。      

  「男女共同参画社会」「ワークライフバランス」といった言葉が出てきて久しく、
  昨今では「働き方改革」が社会の中で大きな課題となっている中、
  源石アナの休暇から1年が経過したこの日は、育児に伴う男性の休暇をテーマに取り上げ、
  生ワイド番組として様々な人の意見を紹介しました。  
     
  各委員の意見です。

   「育休について様々な登場人物が自分の立場で語るところは多面的で良かった。」  
   「テーマ的には重たい内容かと思ったが、源石アナの軽快なトークと出演された奥様との
    やりとりなどで面白く聴くことができた。」      
   「男性が育児や家事を経験することはブラッシュアップにもなるし、高齢になった時、連れ合いと
    その時の経験を共有することができより絆が強くなると思った。」      
   「これからも言葉の工夫や、話し言葉を作り出していくことに、チャレンジ精神を持って取り組んでほしい。」        
   「育休をとることに特化してしまう構成になりがちなところを、育休を経験した後の話に持っていった
    ところに良さを感じた。」                
   「大変さではなくて、いかに楽しんでやっていくかを メッセージとして伝えていったことがよかった。」                

  といった意見が出されました。

  東海ラジオ放送からは 、「審議委員からの意見を受けて、今後の番組制作に反映させるよう、
  検討と研究を重ねます」と答えました。

  又、リスナーの皆さんから寄せられたお問い合わせや苦情などは、4月は238件で、
  番組改編についての問い合わせ、要望、苦情が お問い合わせが多く寄せられたせられたことを報告しました。


 事務局 北敏明