POWER PLAY RUSH HOUR!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

3月度『RUSH HOUR ! 』 j-pop

東海ラジオ放送は毎月レコメンド曲を「RUSH HOUR!」として紹介しています!
3月の「RUSH HOUR!」は以下の2曲を推薦!
1か月に亘り、各ワイド番組内等にてオンエアします!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1. 【松室政哉】
                              
”ハジマリノ鐘”

 from 3rd EP 『ハジマリノ鐘』



NEW EP 3.11 in stores
【CD】UMCA-10073  ¥3,300 (+ tax)

-ポップスに選ばれた男-
1990年1⽉4⽇、⼤阪⽣まれ。
⼩学⽣の頃、カセットテープから流れたサザンオールスターズで⾝体中の全細胞が騒ぎ、⾳楽に⽬覚める。
それまで欲の無い⼦供だったが、初めて親に頼み込んでおもちゃのピアノを買ってもらい、独学で作曲を
始める。
⾼校⽣からシンガーソングライターとして活動を始め、10代限定の⾳楽フェス“閃光ライオット”の
ファイナリストに。
以降、⼤阪で⾳楽活動を続け、22歳で上京。

現・所属事務所のオフィスオーガスタ“だけ”に送ったと⾔うデモテープで⾒出され、
2017年11⽉1⽇に1st EP「毎秒、君に恋してる」でメジャーデビュー。

続いて2018年2⽉にリリースした2nd EP「きっと愛は不公平」では史上最多タイ記録となる全国43局の
FM局でパワープレイを獲得(AM局、CS局を含めると50局以上)し注⽬を集める。
同年の春からオープニングアクトとしてスキマスイッチ全国TOURの全公演に帯同し、その中で歌い続けながら
完成させた楽曲「海⽉」を2018年9⽉19⽇(⽔)にメジャー1st Singleとしてリリース。
更に10⽉31⽇(⽔)、メジャーデビューから丸1年となる⽇に待望の1st Album「シティ・ライツ」をリリースし、
⾃⾝初となる全国ツアー「Matsumuro Seiya Tour 2019 “City Lights”」を開催。各地ソールドアウトとなり、
⼤盛況のうちに幕を閉じた。

そして2020年3⽉11⽇、3rd EPとなる「ハジマリノ鐘」をリリースすることが決定。
その圧倒的なメロディーセンスと詞世界、そしてそれらを包み込む優しく儚い歌声は聴く者の⼼を掴んで
離さない。


--------------------------------------------------
『promoter's comment』



■UNIVERSAL MUSIC
 仲畑吉弘様

今⽣きるこの世界に向けた、“ハジマリ”へのラブソング。

表題曲「ハジマリノ鐘」は、松室が上京した頃に書き下ろし、これまで⼤切にライブで歌い続けてきた⼀曲で
あり、ファンから最も愛されているバラードソング。

楽曲には、松室⾃⾝のこれまでの⼈⽣における不安や葛藤、そしてこれからの⾃分への希望や期待がリアルに
描かれている。

⾟く苦しい⽇常が続いても、“今の⼈⽣を、今の⾃分を、今⽣きているこの世界を愛したい。”と⾔う主⼈公の
思いを綴った、明⽇への「ハジマリ」のラブソングとなっています。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


2.【祭 nine.】

 ”てっぺんニューデイズ”

         from 6th Single『てっぺんニューデイズ』 



6th Single 3.4 in stores
【CD】TECI-713 ¥1,500 (+ tax)

寺坂頼我・野々田奏・清水天規・浦上拓也・横山統威・神田陸人・髙崎寿希也の7人組エンターテイメント
集団「祭nine.」。

2017年8月16日シングル「嗚呼、夢神輿」でデビュー。
2019年5月1日には令和元年初となる日本武道館ライブを行う。2019年7月17日にリリースした5thシングル
「ゴールデンジパングソウル」ではオリコン週間CDシングルランキング・ビルボードウィークリーランキング
ともに第3位を獲得。

甘いマスクからは想像も出来ない程のアグレッシブなヴォーカル&ダンス、そしてアクロバットパフォーマンス
は超・必見!!


-------------------------------------------------
『promoter's comment』



■テイチクエンタテインメント
 伊藤真一郎さん

6枚目のシングルとなる今作は、疾走感のあるサウンドと、夢と希望を持ってさらなる高み“てっぺん”を
目指していくという、面白くてカッコ良いお祭り男子「祭nine.」の元気いっぱいの楽曲です。

今回の振付はラッキィ池田氏によるものになっており、両手の人差し指を“てっぺん”に向けたキャッチーな
振付「ソレダダンス」に注目です!!

毎週日曜日(25:30~26:00) 「祭nine.の祭の祭り!」絶賛OA中!!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

3月度『RUSH HOUR ! ~日本の歌~』 演歌・歌謡曲

東海ラジオ放送は 『RUSH HOUR!〜日本の歌〜』としてレコメンドする演歌、歌謡曲を毎月ご紹介していきます。

3月の「RUSH HOUR!」は以下の曲を推薦! 1か月に亘り、各ワイド番組内等にてオンエアします! ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1.【純烈】
 
”愛をください~Don't you cry~”
 
from New Single『愛をください~Don't you cry~/愛は死なない』


New Single 2.26  in stores  
【CD】CRCN-8313  ¥1,227  (+ tax)  

『純烈』
「純粋であり、かつ強く正しく節操や分別がある」「志を変えずに最後まで貫く」という意味が 込められて
います。
元戦隊ヒーロー出身の俳優中心メンバー 4 人で構成され、また平均身長の高さを活かしたパフォーマンス
などで注目を浴びる。

--------------------------------------------------

『promoter's comment』



■日本クラウン
 田賀英樹さん

昨年は、まるでジェットコースターに乗ったような波乱万丈な一年でしたが、いざ振り返って見れば、
2年連続の紅白歌合戦出場、2年連続のゴールドディスク認定、そして、初のレコード大賞のステージにも
立ち、優秀作品賞を頂く事が出来ました。
これも偏に、応援頂いている皆様一人一人のおかげです。
本当にありがとうございました。

そして、今年の勝負曲は、昨年の「純烈のハッピーバースデー」とは打って変わって、彼らが得意とする、
切なさ全開な作品です。
今年も、この曲で、一年宜しくお願い致します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


2.【辰巳ゆうと】

”センチメンタル・ハート”

from New Single『センチメンタル・ハート/男のしぐれ』



New Single 3.18  in stores
【CD】VICL-37519   ¥1,227  (+ tax)

生年月日:1998 年(平成 10 年) 1 月 9 日生まれ
出身:大阪府
身長:173cm
血液型:A
趣味・特技:野球、バルーンアート

現役大学生
祖父の影響で小さいころから演歌を聴いて育つ
キャッチコピー:「力いっぱい、演歌です!」

【受賞暦】
第60 回 日本レコード大賞最優秀新人賞受賞。
第1 回 日本演歌歌謡大賞 奨励賞受賞
第29 回 NAK 日本流行歌大賞 新人賞受賞
第33 回・日本ゴールドディスク大賞の「ベスト・演歌/歌謡曲・ニュー・アーティスト」受賞


--------------------------------------------------

『promoter's comment』



■辰巳ゆうとさん

毎週水曜日「26時の歌謡曲」のパーソナリティを務めさせていただいている、辰巳ゆうとです。
いつも「26時の歌謡曲」をお聴きいただき、ありがとうございます。

この度、3月のRUSH HOUR~日本の歌~に、僕の新曲「センチメンタル・ハート」が選ばれました〜♪♪
ありがとうございます(o^^o)

この曲は、とにかく歌詞がロマンティックでサビの「センチメンタル〜♪」が一度聴くと忘れられない!?
かもしれない、とっても覚えやすいメロディです☆

東海ラジオをお聴きの皆様、是非!熱い応援をよろしくお願い致します!  
そして「26時の歌謡曲」をいつもお聴きくださっている方、まだお聴きになったことがない方も是非聴いて
くださ〜い(^^)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2月度『RUSH HOUR ! 』 j-pop

東海ラジオ放送は毎月レコメンド曲を「RUSH HOUR!」として紹介しています!
2月の「RUSH HOUR!」は以下の2曲を推薦!
1か月に亘り、各ワイド番組内等にてオンエアします!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1. 【BREIMEN】
                              
”IWBYL”

 from 1st Album 『TITY』



1st Album 2.5 in stores
【CD】PCD-24906  ¥2,400 (+ tax)

■⾼⽊祥太
 1995年2⽉20⽇⽣まれ。神奈川県出⾝。⾳楽⼀家で育つ中、英才教育を全く受ける事なく兎に⻆サッカー
 をして育つ。⾼校2年⽣時にベースを⼿にし、⼀年後の2012 年度に⾏われたプロデューサー・
 ベーシストである亀⽥誠治⽒主催のベーシストコンテスト「亀⽥杯」では最年少でファイナリストに
 名を連ねる。⾼校卒業後、ベーシスト後藤克⾂⽒に師事する中様々なセッションやアーティスト
 サポートを⾏う。現在はバンドBREIMENにてベース、ボーカル詞曲を担当する傍らセッションライブや
 アーティストサポート、作編曲などで活動中。

■林洋輔
 1987年7⽉22⽇、神奈川県座間市⽣まれ。東海⼤学ジャズ研究会に所属し、サックスを始める。
 ⼤学卒業後就職するが、その後⾳楽家を⽬指し昭和⾳楽⼤学短期⼤学部ポピュラー⾳楽コースに⼊学。
 本⽥雅⼈⽒、斎藤尚久⽒に師事。現在ライブサポート、レコーディング、ホーンセクションの
 アレンジ等で活動する。2015年、サックスマガジン主催「歌モノサックスコンテスト・アルト編」で
 準グランプリを獲得。

■Kanno so
 1997年9⽉11⽇、北海道帯広市⽣まれ。幼少期よりヤマハ⾳楽教室にてピアノ6年間習う。
 中学⽣の時吹奏楽部に所属し、ドラムを始める。⾼校卒業後、⾳楽家を⽬指し上京、尚美ミュージック
 カレッジ専⾨学校ジャズポピュラーコースに⼊学。⼤井澄東⽒、吉川弾⽒、横⼭和明⽒に師事。
 学校に通う傍ら、様々なセッションやアーティストサポートを⾏う中、2017年⾼⽊祥太と出会い、
 翌年の2018 年に、⾼校時代からのファンであったバンドBREIMENに新メンバーとして加⼊。
 現在様々なアーティストのサポートや、セッションライブにて活動中。

■池⽥優太
 1991年11⽉9⽇⽣まれ。⽣まれは仙台、育ちは千葉。5歳から20歳までヤマハ⾳楽教室でエレクトーンを
 習う。幼少期より⺟の影響でサザンオールスターズとジャズを聴いて育つ。幕張総合⾼校時代は
 吹奏楽やオーケストラで打楽器を担当し全国⼤会優勝・ヨーロッパ演奏旅⾏を経験。
 早稲⽥⼤学時代には様々なサークルにてポップロック・ブラックミュージックやレゲエ・ラテン⾳楽など
 のバンド⾳楽に魅せられる。BREIMENでは鍵盤やコーラス、会計などを担当。

■サトウカツシロ
 1993/11/30⽣まれ。15歳よりギターを始め、2012年4⽉東京⾳楽⼤学作曲指揮専攻ポピュラーインスト
 ゥルメンツコースに⼊学。2年後中退し、フリーランスのギタリストとして活動を開始。
 2015年にバンドBREIMENを結成し、現在までアーティストのライブサポート、レコーディング、
 その他セッション等に参加。


--------------------------------------------------
『promoter's comment』



■P-VINE RECORDS
 川根浩二様

TENDREやAAAMYYYなど今、注⽬されるシーンと深い関わりを持ちつつファンクを軸とした独⾃の路線で
新しい時代を切り開くBREIMEN初の全国流通盤からのリード・トラック!

CharaやTENDREなどでサポートを務める⾼⽊祥太を中⼼に都内で活動する5⼈編成バンド、これまで
”無礼メン”名義で活動してきたがヴォーカルが⾼⽊に代わって初のCDとなる今回の発売を機に名称を
BREIMENに変更。

ソウル・ファンクをベースにフレキシブルな演奏形態で振り幅の広い⾳楽性を⾒せる。
各メンバーが現在のシーンを⽀える名だたるアーティストのサポートを務めており演奏⼒の⾼さにも定評がある。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


2.【リーガルリリー】

 ”1997”

         from 1st Full Album『bedtime story』 



1st Full Album 2.5 in stores
【CD】KSCL-3205 ¥2,727 (+ tax)

東京都出身ガールズ・スリーピースバンド、リーガルリリー
儚く透明感のある詞世界を音の渦に乗せて切り裂くように届ける。

2014年に当時高校生であったVo.Gt.たかはしほのかとDr.ゆきやまが出会いリーガルリリーを結成する。
精力的にライブ活動を重ねながら、2018年7月にBa.海が加入し現体制となる。

2019年には、アメリカ合衆国で開催された世界最大級の音楽フェスティバル「SXSW 2019」にも出演し、
同年9月には、映画『惡の華』主題歌として書き下ろした新曲、1st Single「ハナヒカリ」をリリース。

そして2020年2月5日に1st Full Album「bedtime story」をリリースすることを発表し、アルバムを引っ提げての
全国ワンマンツアーや、年を跨いでの中国ツアーも開催決定。

唯一無二の世界観をもつ楽曲と圧倒的なライブパフォーマンスで、国内外問わず注目が集まっている。


-------------------------------------------------
『promoter's comment』



■Sony Music Labels
 高島沙希さん

東京都出身ガールズ・スリーピースバンド リーガルリリー  
儚く透明感のある詞世界を音の渦に乗せて切り裂くように届ける。

彼女達が生まれた年がタイトルにもなっている「1997」は、彼女達が同世代へ向けて、歌詞の「私は私の
世界の実験台」→「自分らしく好きなことをして良いんだよ」と、リーガルリリーらしく哲学的に背中を
押す楽曲となっている。

鋭い音像と、詞世界で綴る「リーガルリリー」  
2020年、夜明けを告げるロックアルバムが誕生。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆