POWER PLAY  RUSH HOUR!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

2021年12月の『 RUSH HOUR! 』 j-pop


東海ラジオは毎月レコメンド曲を「RUSH HOUR!」として紹介しています!12月の「RUSH HOUR!」は下記の2曲!1か月にわたり、各ワイド番組内などでオンエアしプッシュしていきます!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

【 ヒグチアイ 】
 
『 やめるなら今 』

 



 11.24 配信  ポニーキャニオン PCSP.3847

■アーティストプロフィール

平成元年生まれ。シンガーソングライター。生まれは香川、育ちは長野、大学進学のため上京し、東京在住。2 歳のころからクラシックピアノを習い、その後ヴァイオリン・合唱・声楽・ドラム・ギターなどを経験、様々な音楽に触れる。18 歳より鍵盤弾き語りをメインとして活動を開始。2016 年、1st ALBUM「百六十度」でメジャーデビュー。メロディアスなピアノリフに乗せた、まっすぐに伸びるアルトヴォイス。ピアノと一体になった小さな身体から振り絞られる熱情が、時にたおやかな美しさを、時に心かきむしられる焦燥を、時に喪失の中の光を描く。独特の視点で綴る歌詞世界は、ありふれた日常の風景を短編小説のようにドラマチックに昇華させる。その根底に流れるのは、埋めることのできない自己肯定欲。自身を手放しで肯定できない故の、他者への執着や嫉妬、裏腹にあふれる慈悲深さが、聴くものの琴線を掴んで放さない。叱咤激励にも似たその歌声は、老若男女問わずじわじわと中毒者を増やし続けている。


『Promoter's comment』 ポニーキャニオン 岩渕将之さん



個人差はあると思いますが、本を読んで心を動かされるには23日かかります。映画を観て心を動かされるのは約2時間ほど。ヒグチアイの「やめるなら今」はほんの5分足らずで皆さんの心を激しく揺さぶることでしょう。「やめるなら今」、新型コロナウィルスという未曽有の危機に振り回された我々日本人の2020年~2021年を一旦締め括るにこれ以上相応しい楽曲はありません。「恐れ」、「不安」、「哀しみ」、様々なネガティヴな感情が渦巻いた2年弱、そしてその状態は未だ続いています。でも、やめるのをやめて、続けていきましょうよ!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



【 Michael Kaneko 】

『 SANDIE feat. さかいゆう 』



12.1 Digital Release origami PRODUCTIONS OPDS-1034

■アーティストプロフィール

湘南生まれ、南カリフォルニア育ちの日本人シンガーソングライター。デビュー前にボーカリストとして起用されたTOYOTA、PanasonicのTVCMが話題となり問い合わせが殺到。ウィスパーながらも芯のあるシルキーヴォイスが早耳音楽ファンの間で評判となる。2021年、日本語コラボレーションプロジェクトを始動し、第1弾シングル「DRIVEAWAY feat. 藤原さくら」に続き、第2弾シングル「SANDIE feat. さかいゆう」をリリース!卓越したソングライティングとパフォーマンスは話題を呼び、様々なアーティストの楽曲プロデュースやライブ、レコーディングにも参加。活躍の場を広げている。


-------------------------------------------------

『Promoter's comment』 ■origami PRODUCTIONS 吉永 涼さん



Michael Kanekoがこれまでの活動で親交を深めてきた日本の素晴らしいシンガー/ミュージシャンとのコラボレーション・プロジェクト。前作「DRIVEAWAY feat. 藤原さくら」に続く第二弾は、さかいゆうとコラボ!カリフォルニアで育ち、デビュー前から世界で5,000万人に声を届けたMichael Kanekoと、高知で育ち世界クオリティのサウンドを日本のフィールドで届け続けるさかいゆうが贈る、世界に誇るジャパニーズ・ミュージック。まさに、この二人でしか成し得ない極上のコラボレーションをご堪能ください!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

12月度『RUSH HOUR ! ~日本の歌~』 演歌・歌謡曲

東海ラジオ放送は『RUSH HOUR!〜日本の歌〜』としてレコメンドする演歌、歌謡曲を毎月ご紹介していきます。12月の「RUSH HOUR!~日本の歌~」は、三丘翔太サンの『そんなもん人生』です。 1か月にわたり、各ワイド番組内などでオンエアしプッシュします! ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

【 三丘翔太 】
 
『 そんなもん人生 』
 
 


1117日発売  TECA-21057  ¥1.350

本名 三岡翔太(みつおか しょうた)
生年月日 1993年11月30日
血液型 A型
出身地 静岡県藤枝市出身 / 神奈川県横浜市育ち
好きな歌手 北島三郎/五木ひろし /童よしみ
特技 チューバ /コントラバス(中学高校吹奏楽部)
趣味 蝶ネクタイ集め、カラオケ音源作り

--------------------------------------------------

『Promoter's comment



■ テイチクエンタテインメント 伊藤真一郎さん

「ガツンと響く!オルニチンボイス!」でお馴染み??の演歌歌手・三丘翔太の7枚目の新曲「よこはま埠頭/そんなもん人生」は自身初の両A面シングルで、あの芸歴50年の大御所演歌歌手「水谷千重子」トータルプロデュース作品となっています。水谷千重子作詞の「そんなもん人生」は平凡ながらも、正直に生きる“オッサン”をテーマに、コミカルでありながらも、どこか大真面目な印象も受けるシュールな一曲。聞けば聞くほど、この歌詞の本当のメッセージが伝わると思います!!「山なし谷なし退屈か?いやいや人生そんなもん」こんな新しいアプローチの新演歌をお楽しみください!!*レギュラー番組「井田・三丘の歌謡曲主義」(毎週土曜日・17:00~19:55 OA)

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2021年11月の『 RUSH HOUR! 』 j-pop


東海ラジオは毎月レコメンド曲を「RUSH HOUR!」として紹介しています!11月の「RUSH HOUR!」は下記の2曲!1か月にわたり、各ワイド番組内などでオンエアしプッシュしていきます!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

【 青山テルマ 】
 
『 daijyobu 』

 



 10.27 Release AL【Scorpion Moonに収録 UPCH-2234

 

■アーティストプロフィール

1987年10月27日生まれ。B型、奈良県出身。トリニダード・トバゴ人と日本人のクォーター。3歳の頃にジャネット・ジャクソン「リズムネイション」のPVに興味を示しテープが伸びきってしまうまで観続けたという。10歳の頃から歌う事の楽しさに目覚めゴスペルを習い始める。2007年9月5日にシングル「ONE WAY」でメジャーデビュー。

キュートな容姿を備えつつ、鮮明かつパワフル、そして感情豊かな歌声を絶妙にコントロールする実力派シンガーである。また、ファッションや写真、アートと多趣味であり、そのセンスは同年代の女性から支持されており、バラエティ番組等各メディアで見せるその飾らないパーソナリティに幅広い世代からの共感を集めている。


『Promoter's comment』 ユニバーサルミュージック・仲畑吉弘さん



東海ラジオ『TOKAIRADIO ONE ARTIST 2020!』として1年間パワープレイされた楽曲daijyobu待望のCD音源化。1027日の自身の誕生日に発売された3年ぶりのアルバム「Scorpion Moon」に収録。「今日は微妙な日だったけど、明日は絶対いい日になると信じていれば、小さな幸せに気づける。憂鬱だなって思っている心をパッと明るく出来たらいいな」と思い書かれた曲です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



【 さだ まさし 】

『 なごり雪 』



10.27 Release AL【アオハル49.69】に収録 VICL-65574

 

■アーティストプロフィール

長崎市出身。シンガー・ソングライター、小説家。
'73年フォークデュオ・グレープとしてデビュー。
'76年ソロ・シンガーとして活動を開始。「関白宣言」「北の国から」など数々のヒット曲を生み出す。
小説家としても「解夏」「風に立つライオン」などを発表。多くの作品が映画化、テレビドラマ化されている。またNHK「今夜も生でさだまさし」のパーソナリティとしても人気を博している。
2015年8月、一般財団法人 風に立つライオン基金を設立(2017年7月、公益法人として認定)。様々な助成事業や被災地支援事業を行っている。
2021年4月21日に最新セルフカバー・アルバム「さだ丼~新自分風土記Ⅲ~」をリリースし、6月より全国ツアー”さだ丼~新自分風土記Ⅲ~ さだまさしコンサートツアー 2021”を絶賛開催中で、先月10月11日には前人未到のソロコンサート通算4,500回公演を達成し、話題を集めた。


-------------------------------------------------

『Promoter's comment』 ■ビクターエンタテインメント 田中美貴さん



今年1025日にキャリア49年目を迎える69歳のさだまさし。次世代に歌い継ぎたい”青春”の名曲たちを、初となるフォークソング・カバー・アルバムとしてリリース!これからの季節にピッタリな名曲「なごり雪」(かぐや姫/イルカ) を、さだまさしがしっとりと歌い上げております!さらに127()8()には、日本特殊陶業市民会館にて「さだ丼 ~新自分風土記~ さだまさしコンサートツアー2021」追加公演も開催決定!!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

11月度『RUSH HOUR ! ~日本の歌~』 演歌・歌謡曲

東海ラジオ放送は『RUSH HOUR!〜日本の歌〜』としてレコメンドする演歌、歌謡曲を毎月ご紹介していきます。11月の「RUSH HOUR!~日本の歌~」は、話題の新人・田中あいみサンの『孤独の歌姫』です。 1か月にわたり、各ワイド番組内などでオンエアしプッシュします! ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

【 田中あいみ 】
 
『 孤独の歌姫(シンガー) 』
 
 


1110日発売  CRCN-8439  ¥1.350

◆アーティストプロフィール

■生年月日:2000 年 7 月 26 日
■出身:京都市
■血液 型 B 型
■身長: 155cm
■趣味:ネイル
■特技:水泳
■目標:スーパースター
■好きな言葉:Let it be
■好きな音楽:バラード
■好きな色:ショッキングピンク

幼少期より、両親の影響で歌謡曲・演歌に触れる機会が多く、 興味を持ち、特に 桂銀 淑 さんの歌声に心打たれた。小学校3 年生から京都の歌謡サークルに所属。数々の大会に出場し、2019年日本クラウン新人オーディションでグランプリを受賞し、2021年11月10日に『孤独の歌姫(シンガー)/ 涙のリバー /  シニカル・レイン』でデビュー。

--------------------------------------------------

『Promoter's comment



■ 日本クラウン 田賀英樹さん

「2019日本クラウン 演歌・歌謡曲新人歌手オーディション」・グランプリ獲得をキッカケに、今秋デビューを迎えた逸材は、21歳の現役女子大生。まだ、あどけなさを残すルックスと、印象に残るハスキーな歌声。
そんなギャップが、田中あいみ・最大の魅力かもしれません。デビュー曲「孤独の歌姫」は、ドラマチックな世界観の歌詞、そしてブルージーな曲調が聴く人に大きなインパクトを与える作品です。ぜひ、お聴き下さい。

 

*レギュラー番組「田中あいみ はんなりラジオ」毎週土曜日・28:15~28:30 OA

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2021年10月の『 RUSH HOUR! 』 j-pop


東海ラジオは毎月レコメンド曲を「RUSH HOUR!」として紹介しています!10月の「RUSH HOUR!」は下記の2曲!1か月にわたり、各ワイド番組内などでオンエアしプッシュしていきます!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

【 大橋ちっぽけ 】
 
『 常緑 』

 



10.13 Release MiniAlbumyou」に収録  COCP-41565 ¥2,530(tax in)

 

■アーティストプロフィール

「彼の歌声だけで音楽になる」

聴くものの心を優しく包み込む愛媛県松山市出身シンガーソング ライター。1998 年生まれ。 UK ロック、オルタナなどに影響を受け、ネットの動画サイトに 歌唱投稿を開始。 2017年4月より上京。2018年3月に開催された「J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE ~ YOUNGBLOOD ~」でオープニングアクトと して抜擢、11,000 人のオーディエンスがその歌声に心を奪われた。 その後、様々イベントライブに出演を重ね、声だけでなく、スキ ルフルなアコースティックギタープレイも注目される。  2019年3月にメジャーデビューアルバム「ポピュラーの在り処」を発売。 2020年4月には、自身の失恋体験をコンセプトにしたミニアルバム「LOST BOY」を発売。 2020年9月には、「LOST BOY」と対をなすミニアルバム「DENIM SHIRT GIRL」を発売。


『Promoter's comment』 ■日本コロムビア 水野ゴルフ誠さん



大学生になりたての頃から、ライブ等でちょくちょく会ってましたが何処にでも居そうな、チョットばかし線の細そうな男の子でした・・・在学中は、勉学優先!恋愛も経験!そして別れも経験!?そしてめでたく卒業!!4月からはシンガーソングライターとして、本腰を入れて活動中。大人に成長しステージ上の彼はカッコいい!是非注目あれ!!私、遠い親戚のオジサン状態・・・頑張って頂きたい!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



【 HALFBY 】

『 Let’s Stay Out feat. Ginger Root 』



10.6 Release AlbumLoco」に収録  PCD-27055 2,970(tax in)

 

■アーティストプロフィール

HALFBY(ハーフビー):京都在住のDJ、ミュージシャン。2002年セカンド・ロイヤルからデビュー。

Groovisions制作の”Rodeo Machine”MVは世界中のフィルムフェスティバルで招待上映されて注目を浴びる。
ニコニコ動画では「少し楽しくなる動画」としてMVを再現する大規模OFF会「中曽根OFF」など大きな反響を呼んだ。
2006年にトイズ・ファクトリーからメジャー・デビュー。ポップな作風(インスト)からテレビやラジオ番組のBGMとしても使用頻度が高く放送との相性の良さは抜群。インディー時代と合わせこれまでに6枚のアルバムをリリース。
ハワイをコンセプトに掲げた近年作ではAlfred Beach Sandal、VIDEOTAPEMUSIC、王舟などをゲストに迎えて多彩なエッセンスを用いながら南国風景が広がるコンセプチュアルでネオエキゾティカな世界を漂流。



-------------------------------------------------

『Promoter's comment』 ■P-VINE RECORDS 吉田 佳代子さん



HALFBY3年ぶり待望のニューアルバムはデビュー20周年記念盤にしてハワイ3部作完結編!盟友サイトウ”JxJx”ジュンをはじめ、多彩なゲストを迎えたトロピカル・ファンキーな傑作が誕生しました。「Let’s Stay Out feat. Ginger Root」は、  “アグレッシヴ・エレヴェイター・ソウル”を自称する才能豊かなアーティスト=ジンジャー・ルートをヴォーカルに迎えた洒脱なポップセンスが光るトロピカルナンバー!HALFBY流エキゾチックなシティポップをぜひご堪能ください!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆