POWER PLAY  RUSH HOUR!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

2021年12月の『 RUSH HOUR! 』 j-pop


東海ラジオは毎月レコメンド曲を「RUSH HOUR!」として紹介しています!12月の「RUSH HOUR!」は下記の2曲!1か月にわたり、各ワイド番組内などでオンエアしプッシュしていきます!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

【 ヒグチアイ 】
 
『 やめるなら今 』

 



 11.24 配信  ポニーキャニオン PCSP.3847

■アーティストプロフィール

平成元年生まれ。シンガーソングライター。生まれは香川、育ちは長野、大学進学のため上京し、東京在住。2 歳のころからクラシックピアノを習い、その後ヴァイオリン・合唱・声楽・ドラム・ギターなどを経験、様々な音楽に触れる。18 歳より鍵盤弾き語りをメインとして活動を開始。2016 年、1st ALBUM「百六十度」でメジャーデビュー。メロディアスなピアノリフに乗せた、まっすぐに伸びるアルトヴォイス。ピアノと一体になった小さな身体から振り絞られる熱情が、時にたおやかな美しさを、時に心かきむしられる焦燥を、時に喪失の中の光を描く。独特の視点で綴る歌詞世界は、ありふれた日常の風景を短編小説のようにドラマチックに昇華させる。その根底に流れるのは、埋めることのできない自己肯定欲。自身を手放しで肯定できない故の、他者への執着や嫉妬、裏腹にあふれる慈悲深さが、聴くものの琴線を掴んで放さない。叱咤激励にも似たその歌声は、老若男女問わずじわじわと中毒者を増やし続けている。


『Promoter's comment』 ポニーキャニオン 岩渕将之さん



個人差はあると思いますが、本を読んで心を動かされるには23日かかります。映画を観て心を動かされるのは約2時間ほど。ヒグチアイの「やめるなら今」はほんの5分足らずで皆さんの心を激しく揺さぶることでしょう。「やめるなら今」、新型コロナウィルスという未曽有の危機に振り回された我々日本人の2020年~2021年を一旦締め括るにこれ以上相応しい楽曲はありません。「恐れ」、「不安」、「哀しみ」、様々なネガティヴな感情が渦巻いた2年弱、そしてその状態は未だ続いています。でも、やめるのをやめて、続けていきましょうよ!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



【 Michael Kaneko 】

『 SANDIE feat. さかいゆう 』



12.1 Digital Release origami PRODUCTIONS OPDS-1034

■アーティストプロフィール

湘南生まれ、南カリフォルニア育ちの日本人シンガーソングライター。デビュー前にボーカリストとして起用されたTOYOTA、PanasonicのTVCMが話題となり問い合わせが殺到。ウィスパーながらも芯のあるシルキーヴォイスが早耳音楽ファンの間で評判となる。2021年、日本語コラボレーションプロジェクトを始動し、第1弾シングル「DRIVEAWAY feat. 藤原さくら」に続き、第2弾シングル「SANDIE feat. さかいゆう」をリリース!卓越したソングライティングとパフォーマンスは話題を呼び、様々なアーティストの楽曲プロデュースやライブ、レコーディングにも参加。活躍の場を広げている。


-------------------------------------------------

『Promoter's comment』 ■origami PRODUCTIONS 吉永 涼さん



Michael Kanekoがこれまでの活動で親交を深めてきた日本の素晴らしいシンガー/ミュージシャンとのコラボレーション・プロジェクト。前作「DRIVEAWAY feat. 藤原さくら」に続く第二弾は、さかいゆうとコラボ!カリフォルニアで育ち、デビュー前から世界で5,000万人に声を届けたMichael Kanekoと、高知で育ち世界クオリティのサウンドを日本のフィールドで届け続けるさかいゆうが贈る、世界に誇るジャパニーズ・ミュージック。まさに、この二人でしか成し得ない極上のコラボレーションをご堪能ください!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆