POWER PLAY  RUSH HOUR!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

2022年6月の『 RUSH HOUR! 』 j-pop


東海ラジオは毎月レコメンド曲を「RUSH HOUR!」として紹介しています!6月の「RUSH HOUR!」は下記の2曲!1か月にわたり、各ワイド番組内などでオンエアしプッシュしていきます!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

【 ゴスペラーズ 
 
『 Keep It Goin' On feat.Penthouse 

 



7.6 Release  『The Gospellers Works 2』KSCL-3379  2680円

アーティストプロフィール



ゴスペラーズ

北山陽一、黒沢 薫、酒井雄二、村上てつや、安岡 優からなるヴォーカルグループ。 1994年12月21日、キューンミュージックよりシングル「Promise」でメジャーデビュー。 以降、「永遠(とわ)に」「ひとり」「星屑の街」「ミモザ」など多数のヒット曲を送り出す。 他アーティストへの楽曲提供、プロデュースをはじめ、ソロ活動など多才な活動を展開。 日本のヴォーカル・グループのパイオニアとして、アジア各国でも作品がリリースされている。 2021年3月には、アカペラのみで構成されたオリジナルアルバムとしては実に18年振りとなる 「アカペラ2」を発売し話題となった。 2022年4月から33都市36公演をめぐる全国ツアー「ゴスペラーズ坂ツアー2022 “まだまだいくよ”」 を開催する。


『Promoter's comment』 ソニー・ミュージック 高島サン



ゴスペラーズがこれまでに提供した数々の名曲を収録した初のセルフカバーアルバム!

今回はその中でも三浦大知さんへ楽曲提供した「Keep It Goin’ On feat.Penthouse」をピックアップします。

今話題の6人組ツイン“リード”ヴォーカル・バンドPenthouseも参加し、楽曲を豪華に彩ります!

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


 
【 the shes gone 】
 栞をはずして  』
 


5.25 Digital Release UKCD-1207

■アーティストプロフィール


the shes gone(シーズゴーン)

2016年春、結成。優しく甘い歌声と誰もが感じたことのある恋愛の儚さや切なさが表現された歌詞が最大の魅力であり、“そっと寄り添う”バンドアンサンブルで歌詞の情景を表現した3人組ロックバンド。 YouTubeで公開されているMVは、総再生回数4,000万回を突破しており、さらにZepp DiverCity, 中野サンプラザ, 豊洲PITなどで、ワンマンライブ開催。若者中心に絶大な人気を集めている。


 

■『Promoter's comment』    UK PROJECT 駒形さん



デビューわずか3年でサブスク総再生回数1億回を突破、中野サンプラザ、Zepp DiverCity、豊洲PITでのワンマンライブをこなし、今年の夏には、日比谷野外音楽堂・大阪城音楽堂でのワンマンライブが開催決定するなど、ものすごい勢いで全国にリスナーを増やしているthe shes gone(シーズゴーン)。

今回の楽曲は自分の過去の痛みに向き合った楽曲。進めずにそこで止まっていた物語は栞をはずしてまた続いていく。進んでいく。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2022年6月度『RUSH HOUR ! ~日本の歌~』 演歌・歌謡曲

東海ラジオ放送は『RUSH HOUR!〜日本の歌〜』としてレコメンドする演歌、歌謡曲を毎月ご紹介していきます。6月の「RUSH HOUR!~日本の歌~」は、パク・ジュニョンの『銀閣寺』です。 1か月にわたり、各ワイド番組内などでオンエアしプッシュします! ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

【 パク・ジュニョン 】
 
『 銀閣寺 』
 
 


 Aタイプ:KICM-31059  ¥1.400

プロフィール

パク・ジュニョン 英語表記:Park Junyoung

出身地: 韓国 釜山 誕生日: 3月12日(うお座)血液型: A型 趣味・特技: 海水魚、自作パソコン、料理、グラフィックデザイン 座右の銘: 人事を尽くして天命を待つ

韓国 釜山広域市生まれ。2002年、ダンスボーカルグループとして韓国メジャーデビュー後、2012年「愛・ケセラセラ」で日本デビュー。最新曲「風の吐息」を含め、これまでに11枚のシングルを発売。2021年に日本デビュー10周年を迎え、なかのZERO大ホールで「10周年コンサート」を開催。

--------------------------------------------------

『Promoter's comment



■ キングレコード鰐川さん

デビュー10周年、パク・ジュニョンの新しい幕開け!2022年3月に、デビューして丸10年を迎えたパク・ジュニョンのニューシングルです。これまで、悲しく切ないバラード歌謡が多かったジュニョンですが、今作は、これまで以上にリズムを際立たせた男っぽい楽曲です。K-POPならぬ”K-ENKA”の新しい幕開けです。

毎週土曜日27:45からの東海ラジオ「パク・ジュニョンのギューッと離さない♡」も好評オンエア中です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2022年5月の『 RUSH HOUR! 』 j-pop


東海ラジオは毎月レコメンド曲を「RUSH HOUR!」として紹介しています!5月の「RUSH HOUR!」は下記の2曲!1か月にわたり、各ワイド番組内などでオンエアしプッシュしていきます!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

【 さらさ 
 
『  Amber  』

 



4.13 Release 1st EP『ネイルの島』 ASTL-1001 ¥2.200

アーティストプロフィール



さらさ

湘南出身、弱冠23歳のシンガーソングライター。
湘南の“海風”を受け自由な発想と着眼点で育ってきた。
音楽活動だけに留まらず美術作家、アパレルブランドのバイヤー、フォトグラファー、フラダンサーとマルチに、そして自由に活動の場を広げている。悲しみや落ち込みから生まれた音楽のジャンル“ブルース”に影響を受けた自身の造語『ブルージーに生きろ』をテーマに、ネガティブな感情や事象をクリエイティブへと転換し肯定する。そこから創り出される楽曲は、ジャジーなテイストを醸し出しソウル、R&B、ROCKあらゆるジャンルを内包しALTERNATIVEな雰囲気を纏い、聴く者を圧倒する。どこかアンニュイなメロディの楽曲と、憂いを帯びた歌声は特にライブ(生演奏)でその力を発揮し、見るものを虜にする。
SNSメディアを中心に、書籍・映画等あらゆる展開を続ける体験投稿サービス”純猥談”への楽曲提供や、既存のパッケージに囚われず、完全DIY、完全ハンドメイドで作成したCDは手売りのみという状況の中、音楽関係者や“耳年増”なリスナーの目に留まり、若い世代を中心に注目を浴びている。


『Promoter's comment』 ASTERI ENTERTAINMENT 佐藤さん



Z世代を代表する湘南生まれのシンガーソングライター“さらさ”の1st EPがついに発売!
さらさの非凡な才能が垣間見れる全6曲!中でもリードトラックの「Amber」は90’s R&Bを彷彿させる印象的なトラックと、ネオシティーポップを呑み込んだ”さらさ”の強烈な個性がマッチした傑作。10代〜全世代のオーディエンスへ響くノスタルジックな印象のフロウが、都会の夜に切なく溶けていきます。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


 
【 Haruy 】
 Swimmer  』
 


4.20 Digital Release

■アーティストプロフィール



Haruy(ハリー)

東京を拠点に活動する神奈川県出身のシンガーソングライター。2000年生まれ、現在21歳の大学生。中高時代に軽音楽部に在籍し、Tastyという3ピース・バンドを結成。Ba.&メインVo.とソングライティングも担当。同年7月EP『Weep』をリリース。2022年4月プロデューサにHayata Kosugiを迎えソロ・デビュー。本作品は、Hayata KosugiがHaruyが歌うことをイメージして描き下ろした楽曲で、この作品がきっかけとなり2人での制作がスタート。Haruyの浮遊感のあるボーカルが小気味良く響くロマンティックなダンス・トラック。


 

■『Promoter's comment』    SPACESHOWER NETWORK 伊藤さん



独特のグルーヴ感と瑞々しい歌声を持つシンガーソングライターHaruy(ハリー)デビュー・シングル。
プロデューサーにSuchmosのベーシスト、HSUことHayata Kosugiを迎えコライトした楽曲。
Haruyの浮遊感のあるヴォーカルとしなやかにハズむ極上のベースラインが心地良いチル・ミュージック!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2022年5月度『RUSH HOUR ! ~日本の歌~』 演歌・歌謡曲

東海ラジオ放送は『RUSH HOUR!〜日本の歌〜』としてレコメンドする演歌、歌謡曲を毎月ご紹介していきます。5月の「RUSH HOUR!~日本の歌~」は、藤井香愛の『一夜桃色』です。 1か月にわたり、各ワイド番組内などでオンエアしプッシュします! ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

【 藤井香愛 】
 
『 一夜桃色 』
 
 


 112日発売  TKCA-91391  ¥1.350

プロフィール

生年月日:1988年7月26日 出身地:東京都中野区 血液型:B型 趣味:野球観戦・食べ歩き 特技:すぐに曲を覚えて歌うこと パソコン早打ち 資格:パソコンスピード認定試験2級 文書デザイン検定試験1級 日本語ワープロ検定1級 小学2年からボイストレーニングやダンスレッスンを始め、 高校時代にはファッション誌の読者モデルを経験。 デビュー前に第一興商のカラオケDAMのガイドボーカルを100曲以上担当。

--------------------------------------------------

『Promoter's comment



■ 藤井香愛さん

いつもレギュラー番組「藤井香愛のkawaiiらじお」をお聴き頂き有難うございます。「原・藤井の歌謡曲主義」卒業後、引き続き、東海ラジオファミリーの一員になれて、とても嬉しいです。「一夜桃色」は中音域の声の響きも生かし、前作よりも大人っぽく等身大の恋を歌った曲です。「桃色青色一夜色」のフレーズは特に印象的で一度聴いたらつい口ずさみたくなるメロディーです。リスナーの皆様、それぞれの「一夜色」を想像しながらお聴きくださいね。振り付けも是非覚えて下さい!これからも応援よろしくお願い致します

レギュラー番組「藤井香愛のkawaiiらじお」は、毎週土曜日28:00から好評OA中。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2022年4月の『 RUSH HOUR! 』 j-pop


東海ラジオは毎月レコメンド曲を「RUSH HOUR!」として紹介しています!4月の「RUSH HOUR!」は下記の2曲!1か月にわたり、各ワイド番組内などでオンエアしプッシュしていきます!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

【 Penthouse 
 
『  流星群  』

 



4.8 release Major 2nd Digital Single


■アーティストプロフィール

浪岡真太郎(Vo/Gt)、大島真帆(Vo)、Cateen(Pf)、矢野慎太郎(Gt)、大原拓真(Ba)、平井辰典(Dr)による6人組ツイン“リード”ヴォーカル・バンド。大学時代に所属したバンドサークル「東大POMP」のOBである現メンバーが、ヴォーカルの浪岡を中心に集まり2019年6月より活動開始。これまでオリジナル楽曲に加え、アレンジを施した様々なジャンルのカバー動画をYouTubeにて公開。

2021年5月に配信リリースされたオリジナル楽曲「...恋に落ちたら」はiTunes Store R&Bランキング1位、Spotifyバイラルチャート6位を獲得。2022年1月には、オーディオストリーミングサービスSpotifyが選ぶ2022年に飛躍が期待される注目の国内新進アーティスト「RADAR: Early Noise 2022」に選出されるなど、各方面から注目を集めている。


『Promoter's comment』   ビクターエンタテインメント 田中美貴さん



昨年11月にメジャーデビューを果たした、6人組ツイン”リード”ボーカルグループ・Penthouse (ペントハウス)。
東海テレビ制作の土ドラ「クロステイル 〜探偵教室〜」の主題歌として書き下ろした本楽曲「流星群」は、Vo&Gt.浪岡が「挫折に立ち向かう人の背中を押す曲であり、必ずその姿を支えてくれる人がいる」というメッセージを歌詞に込めたという、爽やかな風が吹き抜ける、珠玉のポップチューン!
 
今年の「TOKAIRADIO ONE ARTIST 2022!」にも決定している1曲です!

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


 
【 緑黄色社会 】
 S.T.U.D  』
 


1.26 Release NEW ALBUM『Actor』(ESCL-5625)に収録


■アーティストプロフィール

愛知県出身の4人組バンド。愛称は“リョクシャカ”。2012年に高校の同級生である長屋晴子、小林壱誓、peppeと、小林の幼馴染・穴見真吾によって結成。

長屋晴子の透明かつ力強い歌声と、個性・ルーツの異なるメンバー全員が作曲に携わることにより生まれる楽曲のカラーバリエーション、ポップセンスにより、同世代の支持を多く集める。


 

■『Promoter's comment』    ソニー・ミュージックレーベルズ 久泉雄一郎さん



「2022ガッツナイターテーマソング」となる新生立浪竜を後押しするのに相応しい楽曲です。
All for Victory!!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆