レポーター 一覧に戻る

レポーター

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

嘉喜家

三重県四日市市に先週の日曜日26日にオープンしたばかりの四日市柿安の姉妹店、おもてなし和牛レストラン「嘉喜家」におじゃましました。



嘉喜家は、三重県産黒毛和牛のすき焼き・しゃぶしゃぶの四日市柿安の姉妹店として、本物を提供することに加え、おもてなしにもこだわってオープンしました。


夜はすき焼きコース、しゃぶしゃぶコース、牛肉懐石、牛網焼きコースの4つが楽しめます。そして、お昼はリーズナブルに牛肉懐石のお料理が松花堂に詰まった牛松花堂、ステーキ御膳、ビーフシチュー御膳を味わっていただくことができます。






私は牛松花堂をいただいたんですが、6ツ切りの松花堂に6つのお料理が詰まっています!和牛の天ぷらやローストビーフ、ビーフシチューなどがあり、ローストビーフはきれいなピンクで柔らかくて美味しかったですし、ビーフシチューは和風の味噌味のビーフシチューで、他では味わえないこだわりのおいしさのオリジナルメニューですので、ぜひたくさんの方に味わっていただきたいです!



女将が嘉喜家で大切にしているのは、まずは感染症の対策。こんな時期でも皆さんにおいしいもので楽しんでいただこうと、入り口でみなさんに手を洗っていただくなどの対策をしっかりされた上で、おいしいお料理を提供されています。もう一つは地元の企業やお店とのコラボレーション。萩村製茶のかぶせ茶や、ことよのどら焼き、ヤマコ醤油の味噌、宮崎屋の養肝漬けの中身、とらや風月のミニ松葉など、地元のものにこだわってコラボレーションされています。さらに、器は酔月窯を始めとする萬古焼がたくさん使われていたり、お店の中にも萬古焼が飾られていることから、嘉喜家を別名"萬古の館"と呼んで、お客様に目でも楽しんでいただいています。



また、「毎日が酒蔵祭り」と銘打って、三重県内の33の酒蔵のお酒が揃えられています。入り口にはこの33の酒蔵のお酒が飾られていて、そのこだわりが表れていますので、ぜひじっくりとご覧になってみてくださいね!

柿安の伝統を大切にしながら、三重県の良いもの、おいしいものにこだわった嘉喜家。ぜひ訪れてみてください!



ご出演いただきました女将の赤塚直子さん、ありがとうございました。

石川由香里




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆和牛レストラン 嘉喜家
◇三重県四日市市三栄町4-10
◇TEL 059-337-8835


ナガシマ ジャンボ海水プール

今日は、三重県桑名市にある、ナガシマ ジャンボ海水プールに行ってきました!
久々の快晴!最高のプール日和でした(^^)



ナガシマ ジャンボ海水プールは、ナゴヤドームのフィールド約6個分の広大な敷地に、まるで海のように波の出るプールや、世界レベルの超巨大ウォータースライダー、小さなお子さん向けの水遊びエリアまで、様々ななプールとスライダーがそろう、世界最大級のウォーターパークです。
ビッグワンスライダー、トルネードスライダー、ブーメランツイストは世界レベルの3大ウォータースライダー。



特にブーメランツイストは、青と黄色のシマシマ模様の、ナガシマジャンボ海水プールを代表するスライダー。1つのスライダーでたくさんのスライダーに乗ったかのような体験ができるそうです。最大傾斜角は68度。体感ほぼ90度で、そびえたつ壁に向かっての急上昇と急降下を味わえます!



フリーフォールスライダーは、高さ23m、最大傾斜角度60度から一気に滑走します。最高速度は60km/hと言われていて、スリルだけでいえば、ナガシマジャンボ海水プール1だそうです!
小さいお子さん連れのご家族にはスパキッズがオススメです。親子で滑れたり、可愛らしいスライダーがそろっています。



ナガシマジャンボ海水プールから北へ車で約10分のところにあるなばなの里では、明後日8月1日から、サマーイルミネーションが初開催されます。
冬のシーズンとは異なり、里の中心の池を中心に、夏の夜を彩ります。水上イルミネーションと樹木のライトアップで幻想的な天の川を演出します。夏の虫の鳴き声も聴こえてとても風情があるそうですよ(^^)
各施設とも、感染症対策をしっかりと行っています。お出かけ前に、ナガシマリゾートのホームページでご確認ください。



今日は、ナガシマリゾート 広報の熊谷さんにお話を伺いました。
ありがとうございました(^^)

伊藤静香




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆ナガシマジャンボ海水プール
◇三重県桑名市浦安333


御在所ロープウエイ

三重県菰野町にある御在所ロープウエイにおじゃましましたー!



今年の夏は「REDキャンペーン」を開催!御在所のレッド、赤と言えば、まっ赤なボディーのゴンドラや夏の風物詩「アカトンボ」などがあります。さらに、レッドをアルファベットで書くとR・E・D。RはRopeway、EはEnjoy!DはDream。「ロープウエイは楽しみと夢をのせて!」がキーワードです!



具体的には、御在所の夏と言えば「アカトンボふる里探し大作戦」!
秋の虫として知られるアカトンボは、6月に麓でヤゴからトンボになり、夏の間は涼しい山の上で過ごします。そこで、秋になったら産卵をしにどこまで飛んでいくのかを調査すべく、かれこれ50年近く御在所の山の上でマーキング調査を行っています。御在所でマーキングされたアカトンボが秋に福井県で発見されたと言う例もあって夢がある御在所の夏、定番のイベントとなっています。山の上のございしょ自然学校での受付で、事前予約はいりません。参加料も無料!受付の時にスタッフさんからマーキング方法を教えてもらえるので、タモとペンなどを無料で借りて参加しましょう!9月6日日曜日まで毎日開催です。



また展望レストラン・ナチュールで夏限定の新メニューが登場。レッドキャンペーンにちなんで、トマトを使用した赤のメニューが楽しめます。



まず1品目は、「さくらポークと菰野産の4種のレタスのポークチャップ」。三重県産のお肉と鈴鹿山脈の天然水で育てられた地元菰野産の水耕栽培レタス、また、セットのライスは三重県産コシヒカリを使用していて、三重県産にこだわったメニューになっています。私もいただきましたが、さくらポークがとても柔らかくて美味しかったです。また4種のレタスもシャキシャキでおいしいですし、ここに、スープや手作りのパンナコッタのデザートまでついて1500円!お腹いっぱいになりました。ごちそうさまでした。

そして、大人の方にはもう1つ素敵な情報があるんです。冷たいビールを100%トマトジュースで割ったレッド・アイも登場。鮮やかな赤色で見た目も味も爽やかな夏らしいカクテルです。レッドメニューは山上の展望レストラン・ナチュールで8月いっぱいまでの販売です。

その他にも御在所ロープウエイでは自然体験イベント盛りだくさん。詳しくはホームページをチェックしてください。

そして、気になる感染症の予防もしっかり行われています。ロープウエイに乗車する前には検温とマスクのチェック、そして手指の消毒をお客様にしてもらうなど、対策が行われています。

ロープウエイで山の上に上がると、地上より10度ぐらい低い気温になっていて、とっても涼しい御在所ロープウエイ。ぜひお友達やご家族とお出かけください。



ご出演いただきました佐藤さん、ありがとうございました。

石川由香里




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆御在所ロープウェイ
◇三重県菰野町湯ノ山温泉
◇TEL 059-392-2261


グリット24 四日市

今日は、四日市市に今年の4月にオープンしたスポーツジム、グリット24 四日市にお邪魔しました!
365日24時間営業しています。



外観は、まるで隠れ家レストランのよう!とってもオシャレなんです(^^)
内装もとても素敵で開放感溢れる空間になっています。





マシンは、全てイタリア製の最新のテクノジムを導入しています。
ラグジュアリーな個室シャワールームや、28種類ものフリードリンクなど、利用者の方に快適に過ごして頂ける設備が充実しています。カフェスペースでゆっくりくつろぐこともできますよ(^^)



今日ご出演頂いた、グリット24 四日市トレーナーの片嶋佑果さんと山本さやかさんは、女子ラグビーチーム、三重PEARLSの現役選手です。現役のラグビー選手に、彼女達の経験を活かしたトレーニングのサポートをして頂けます。
利用料金は、365日24時間いつでも利用できるプランが、月額10,000円(税別)です。
60歳以上の方、もしくは女性の方は、午前7時~午後4時のデイタイム利用放題8,000円(税別)のプランもご利用頂けます。
他にも、グループプランやビジタープラン、専属パーソナルメニューもありますよ(^^)
8月31日までの期間限定で、入会金&登録手数料通常8000円が無料になるキャンペーンを実施中です。興味がある方はぜひお早めにお問い合わせください。
また、グリット24のホームページから予約して頂くと、初回利用料が無料になりますよ(^^)
ぜひホームページもチェックしてみてください♪



今日は片嶋さん、山本さん、ありがとうございました(*^^*)

伊藤静香




※放送後1週間お聴きいただけます。



◆グリット24 四日市
◇三重県四日市市ときわ5丁目4-29


新人ボートレーサー募集中!/日本モーターボート競走会

愛知県蒲郡市にあるボートレース蒲郡におじゃまして、新人ボートレーサーの募集についてお届けしました。



現在、130期のボートレーサーを募集中!ボートレーサーになるには、まず年2回実施される養成所入所試験を受ける必要があります。学科や体力測定、適性試験や面接等をクリアすると、福岡県柳川市にあるボートレーサー養成所に入所することができます。そこで1年間の訓練を受けたあと、プロのボートレーサーとしてデビューとなるんです。

応募資格は、男女問わず、年齢は15歳以上30歳未満、身長が175センチ以下、体重は男子が49キロ以上57キロ以下、女子が44キロ以上52キロ以下、視力が両眼ともに裸眼で0.8以上の方などとなります。女性の方も大歓迎!全国で約220人の女性レーサーがいる中、東海エリアでも約40人の女性レーサーが活躍しています!



そして応募要項のパンフレットにも表紙に大きく描かれているのが年収!平均年収がおよそ1,600万円。トップクラスの選手になると1億円を超える方もいらっしゃるそうです!また、現役生活は平均30年とプロスポーツの中では長く続けられることも魅力の1つ。また、知識や経験は全く必要なく目指せるプロスポーツなので、新しいことにチャレンジしてみたい方は、ぜひご応募くださいね!

締め切りは9月11日金曜日まで。詳しくは「ボートレーサー募集」で検索してみてください。



ご出演いただいたピットレポーターのさおりんこと田中早織さんは、岐阜県各務原市出身。「何か伝える仕事がしたい」と思っていたところ、ボートレースのことを知り、チャレンジしてみたいと始められたそうです。この世界に入って驚いたのは、田中さんと同じ女性が男子選手と一緒に戦っている姿を見たとき。その姿を見て同じ女性として自分も頑張らないといけないとパワーをもらったそうですよ!

男性でも女性でも「ボートレーサーになりたい!」という方は、是非、応募してみてくださいね!



ご出演いただきました日本モーターボート競走会の大北さん、榊原さん、ピットレポーターの田中早織さん、ありがとうございました!

石川由香里




※放送後1週間お聴きいただけます。