アナウンサー 一覧に戻る

直球勝負!大澤広樹

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

『最速20敗、だけど』 日々

きょうは『ガッツナイタースペシャル・中日対阪神』のレポーター担当でした。ドラゴンズが阿部、ビシエド選手の適時打、福田選手の今季初本塁打で3-0とリードして終盤に入ったのですが…。逆転負け。3点差をひっくり返されるのは今季初めてのこと。3カード連続の負け越しで、2013年以来、7年ぶりの両リーグ最速の20敗に到達です。



監督、コーチ、選手たちはもちろん、ファンの皆さんも辛いでしょう。Twitterなどを眺めていても、かなり厳しい言葉が並んでいます。私宛てのリプライも「もう慣れた、悔しくない」「与田休め」「早期の首脳陣の責任が必要」「弱すぎる」「酷すぎる」「とにかく首脳陣を代えろ」などなど届いています。私もひとりのドラゴンズファンとして、気持ちがわかる部分もあります。でも、そうは言っても子どものころから好きなドラゴンズだから、負けがちょっと込んだくらいで応援する気持ちには何も変わりがありません。



いま、直接グラウンドに降りて取材もできないので、どんな思いでチームが、首脳陣が、選手がもがいているのかわからないことが、私ももどかしいです。

試合は続いていきます。残り88試合もあります。私がやることには変わりありません。自分が担当のときに、できる範囲で、ラジオで全力でドラゴンズの今を伝えていくだけです。まだまだ!