番組審議会

「番組審議会からのお知らせ」放送内容

2017年5月 特別番組「四日市 天までとどけ あすなろう」 「番組審議会からのお知らせ」放送内容

  5月の番組審議会が今月12日に開かれ、
  特別番組「四日市 天までとどけ あすなろう」について審議が行われました。

  出席した番組審議会の委員を五十音順にご紹介します。

  飯野達哉、三摩正己、土岐正紀、宮﨑眞知、山口禎一郎、以上の皆さんで、
  岩瀬正明委員は書面での出席となりました。

  東海ラジオ放送側からは、
  小畑耕一代表取締役社長、田中康之取締役営業・制作担当、中村和範制作局長、
  北敏明制作局次長兼編成部長、プロデューサーを務めた源石和輝アナウンサーが
  出席しました。

  この番組は、日曜のワイド番組「源石和輝 音楽博覧会」の中で
  四日市市の魅力を、全長7キロのローカル線 四日市あすなろう鉄道を中心に
  紹介していくコーナーの総集編として、3月26日(日)午後5時から1時間放送されました。

  廃線の危機を乗り越えたあすなろう鉄道の歴史や市民の取り組み、
  かつての公害の町が工場夜景の聖地に変貌した様子など、沿線のみどころや
  名物なども織り交ぜ、ドラマと取材レポートを組み合わせて紹介しています。

  各委員の意見です。
   「レポート・ドキュメント・ラジオドラマの3つの要素をバランスよく構成してあって、
    楽しく聞けた番組だ。」
   「大きさや長さなど、数字的なものをわかりやすく紹介するとよりリスナーが
    イメージしやすくなるのではないか。」
   「こにゅうどう君たちの台詞回しは上手だが、声が似ているので、
    音声媒体のラジオとしては判断が付きにくく、聞いていて戸惑いを感じた。」
   「ルイ館長は役所の人間とは思えないほどパーソナリティ性があり、
    この番組の決め手になっている。」
   「あすなろう鉄道を通じて地域を応援しようという姿勢を感じた。」
   「内容を盛り込みすぎて各パートが薄くなりなりがちで残念な印象を受けた。」

  という意見が出されました。

  東海ラジオ放送からは、
   「審議委員からの意見を受けて、今後の番組制作に反映させるよう、
    検討と研究を重ねます。」と答えました。

  又、リスナーの皆さんから寄せられたお問い合わせや苦情などは、
  4月は98件で、野球中継や番組についての意見が多くよせられたことを報告しました。


 事務局 北敏明