番組審議会

「番組審議会からのお知らせ」放送内容

2021年3月「ぜんじろう Radio Show!」 「番組審議会からのお知らせ」放送内容

3月の番組審議会が、今月12日に開かれ、
「ぜんじろう Radio Show!」について審議が行われました。

番組審議会の委員を五十音順にご紹介します。
岩瀬正明、三摩真己、土岐正紀、宮﨑眞知、山口禎一郎 以上の皆さんで、
麻生知章委員は書面での出席となりました。

東海ラジオ放送側からは、
小畑耕一 代表取締役社長、田中康之 常務取締役
北敏明  報道制作局長、林 直樹 報道制作局専任局長兼編成部長 、
満田安則 プロデューサーが出席しました。

この番組は、昨年秋の改編でスタートした新番組で、
毎週土曜日の午後2時から5時まで日本のみならず海外にも活躍の場を広げるお笑い
エンターテイナーのぜんじろうが、世の中のことを独自の目線で語りつくす生ワイド番組です。

各委員の意見です。
「風刺の部分において圧力に負けないでやってほしい。
 毒舌が面白く、彼のキャラクターが際立っている」
「コロナ禍の中、堪えている人には痛快に聞こえる風刺の効いた番組だ」
「ぜんじろうさんの能力の高さもあって、非常にデリケートな話題も
 ユーモアを交え上手く語っている。深谷さんのアシスタントとしての適応能力の高さも評価する」
「有名人をバッサリ切り捨てるのは聞いていて痛快で
 良いと思うが、公共の電波で何処までやっていいのかはちょっと心配になる」
「社会風刺をラジオでどのように届けるかは新しい分野だ。
 これを一つの “型”として開拓していける可能性を感じさせる番組だ」
「リスナーに共感してもらうためには、この番組は批判ではなく、
 社会風刺として切り込むといった番組のスタンスを伝えていく工夫が必要だ」
といった意見が出されました。

又、リスナーの皆さんから寄せられたお問い合わせや
苦情などは、2月は93件で番組に対するご意見が多かったことを報告しました。
以上が3月の番組審議会の概要です。

事務局 林直樹