POWER PLAY  RUSH HOUR!

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

2月 『RUSH HOUR ! 』決定!プロモーターズコメントアップしました! j-pop

東海ラジオ放送は毎月レコメンド曲を 「RUSH HOUR!」として紹介しています!
「RUSH HOUR!」は月合計180回以上のO.Aを目指しています。
2月の「RUSH HOUR!」は以下の4曲を推薦!
1か月に亘り、各ワイド番組内等にてオンエアします!

【植村花菜】 ”輝く時間(とき)の中で”



new single 1.29 in stores
【CD】KICM-1490  \1,000

1983年1月4日生まれ。
A型。
兵庫県川西市出身。


『promoter's comment』



■キングレコード
 木村 愛さん

アルバムリリースからは1年振り、シングルリリースから2年振りの新曲です。
一人でアメリカへ旅をした経験や結婚などを経てできたこの曲は ミディアムテンポの曲調と
歌詞から沢山の幸せや意思の強さが感じられる曲になっています。羨ましいですね~。

カップリングは洋楽のカバーにも挑戦しておりシングルですが今の植村花菜が十分に伝わる
1枚です。東海ラジオのリスナーの皆さんにも幅広く耳を傾けて頂けると思います。

「輝く時間の中で」是非聴いてください!!!
--------------------------------------------------------------------------------------------


【佐々木健太郎】 ”STAY GOLD” album「佐々木健太郎」 



debut album 2.5 in stores
【CD】PECF-1089  \2,500

ツイン・ヴォーカルを擁する3 ピース・バンド、「Analogfish」のVo, Bass を担当する。
ソロ・ワークのスタートは2008 年にさかのぼる。弾き語りのステージを主戦に、初恋の嵐、
セカイイチなどのレコーディング、ライヴに客演。

Analogfish での活動をメインとしながらも、聴き手をぐいぐいとひきこんでいく、
フリー・フォームなプレイ・スタイルに、ライヴ・オファーが殺到。
以降、コンスタントに弾き語りでのライヴを行っている。自他ともに認める歌バカである。

Analogfish 活動15 周年目前の2013 年11 月、ソロ・ワークの結実として、聖夜の
ニュー・スタンダードの呼び声も高い、珠玉のポップス「クリスマス・イヴ」をリリース。
2014 年2 月5日にはデビュー・アルバム「佐々木健太郎」をリリース。

1979 年2 月23 日長野県生まれ。故郷である喬木村を愛す。
趣味はランニング。散歩。


『promoter's comment』



■スペースシャワーネットワーク
 森下小夜子さん

圧倒的な声量とソウルフルな歌唱。はたまた、TOKYO CITY POP の系譜を継ぐ、繊細で
洗練されたメロディと熱々のリリックを紡ぐ、バイ・プレイヤー『佐々木健太郎(Analogfish)』、
キャリア初となる待望のソロアルバムです。

リード曲「STAY GOLD」はまさに「健太郎節」としか言いようのないシンプルで力強く、
眩しいほどの輝きに満ちたキャッチーなサウンドと洗練されたグッドメロディ。

男の寂しさと照れが滲み出る、彼の実直で温かなパーソナリティがストレートに反映された、
甘くて切ないメロディや歌詞の親しみやすさが魅力です。
-------------------------------------------------------------------------------------------


【ジャンク フジヤマ】 ”ONE”  album「風街ドライヴ THE BEST OF JUNK FUJIYAMA」 



2nd album 1.22 in stores
【CD】VICL-64100  \3,000

大学時代、バンド「ハヤオキ×」を結成、路上ライヴを皮切りにライブハウスでの活動を行う。
バンド解散後、ソロ活動を開始。 2009年4月ミニ・アルバム、「 A color」をリリースし、
シティ・ポップのホープとして注目を集める。
アルバムを聴いたスーパー・ドラマー、村上“ポンタ”秀一がその歌声に惚れ込みジャンクを
サポートすべくスペシャル・バンドを結成。
2009年11月と翌年1月にブルース・アレイジャパンにてワンマンライヴ開催。
その伝説のパフォーマンスを収録したライヴ・アルバム「ジャンクタイム」を2010 年
4月 29 日タワーレコード先行でリリース。 1ヶ月間JAZZセールス・ランキングでトップを
キープし新人ながら記録的なセールスを更新。 7月 7日に全国リリース。
2010年7月と8月に配信先行で連続リリースした「Morning Kiss」&「SUMMER BREEZE」は
都内FM局で上位にチャートインし全国のFM局でも頻繁にOn Airされる。
そして、その2曲を収録したスペシャル・アルバム「ジャンクスパイス」をタワーレコード
先行で10月20 日にリリース。JAZZセールス・ ランキングでトップとなる。
11月24日には全国リリースし、 ベストセラーを記録中。
また同日24日には「はじまりはクリスマス」を配信限定でリリースし、全国 FM 局で上位に
ランク され話題を集めた。
2011 年 3月と 4月に連続配信リリ ースした「遠い日の手紙」「僕の女神」と「はじまりは
クリスマス」を 収録したフルアルバム「ジャンクウェイヴ」を4月下旬にリリース。
ジャンク フジヤマのポップ・エッセンスが凝縮したアルバムとして高い評価を集めている。
アルバムリリース記念として 6月末~7月初旬に初の東名阪ツアーを行ない、圧倒的な
歌唱力と存在感で観客を魅了した。
10月より「JUNKWAVE」収録の“優しい名前”が日本テレビ系「NNNストレイトニュース」
ウェザーコーナーでOn Air (関東地方のみ)。
10月新曲「BRAND NEW DAY」を配信限定でリリース。
11月には 2回目となる東名阪ツアー(名古屋 Blue Note / Billboard Live 大阪、東京)を
行ない好評を博す。
12月7日ファースト・ミニアルバム「 A color」にボーナス・トラック 5曲を追加&リマスタ
リングした 「A color+5」を再リリース。
2012 年 6月 20 日にリリ ースしたメジャーデビューシングル「あの空の向こうがわへ」
(東芝TVCM 曲と朝日放送・テレビ朝日系全国ネット「たけしの健康エンターテインメント!
みんなの家庭医学」エンディングテーマのダブル・タイアップ) は全国のラジオ40局にて
ヘビー ローテーション等を獲得し、 大きな話題となる。
以降、 2nd シングル「PROUD/EGAO」、 3rd シ ングル「シェダル」をリリースした後、
2013年3月にはメジャー1st アルバムとなる「JUNK SCAPE」を発表。
また、 2013 年 6月には、2度目となる東芝TVCMのために書き下ろした 4thシングル
「To The Sky」をリリース。
そして、いよ いよ 2014年 1月にはこれまでの作品の集大成でもあるドライブを
コンセプトにし たBEST ALBUM 「~THE BEST OF JUNK FUJIYAMA ~
風街ドライブ」 がリリースとなる。

シティ・ポップスを継承する若手アーティストとして、 精力的に活動を続けている。


『promoter's comment』



■ビクターエンタテインメント
 岡本 徹さん

2012年6月にメジャーデビューした“ジャンクフジヤマ”ラジオライクな楽曲は「シティー
ポップス」と評され大きな話題になった。
楽曲は聞いていただければわかるように、彼はシンガーソングライターですが、
本人“ボーカリスト”と言い切るぐらい骨太で、かつクリアーで、聞くものがとてもスカッと
する声の持ち主、サウンドもその声を100%いかしたラグジャリーアレンジになっています。

今回ピックアップされた「ONE」はこれまでの作品の集大成でもあるドライブをコンセプト
にしたBEST ALBUM「~THE BEST OF JUNK FUJIYAMA~風街ドライブ」からの一曲。

是非、ドライブしながらでも聞いてほしい一曲です。
-------------------------------------------------------------------------------------------


【蓮沼執太フィル】 ”ONEMAN”  album「時が奏でる Time plays--and so do we.」 



1st album 1.15 in stores
【CD】DDCB-13025  \2,800

1983年東京都生まれ。
音楽作品のリリース、蓮沼執太フィル/チームを組織して国内外でのコンサート公演、
コミッションワーク、他ジャンルとのコラボレーションを多数制作する。

音楽アルバムに4枚組CD『CC OO|シーシーウー』(2012年 HEADZ / UNKNOWNMIX)、
舞台作品に『TIME』(2012年神奈川芸術劇場、国立新美術館)。

主な個展に『have a go at flying from music part 3』(2011年ブルームバーグ・パヴィリオン|
東京都現代美術館)、『音的|soundlike』(2013年アサヒ・アートスクエア)、『音的→神戸|soundlike2』(2013年神戸アートビレッジセンター)。

www.shutahasunuma.com 

『promoter's comment』



■スペースシャワーネットワーク
 森下小夜子さん

5人編成の蓮沼執太チームを母体として、2010年ovalジャパンツアー・フロントアクトの
為に結成された「蓮沼執太フィル」。これまでに、UNIT、VACANT、ラフォーレミュージアム
原宿、渋谷WWW、恵比寿リキッドルームといったライブハウスから、東京都現代美術館、
東京オペラシティ・リサイタルホール、大阪国立国際美術館、愛知芸術文化センターと
いったホール/アートスペースでも着実に演奏の機会を重ねてきている。

ヴォーカル、ラップ、ピアノ、シンセ、ベース、ギター、スティールパン、マリンバ、サックス、
ユーフォニアム、フリューゲルホルン、ヴァイオリン、ヴィオラ、ドラムという超個性的な
楽器編成。日本の最前線で活躍するミュージシャンが多数参加。

多様な顔を覗かせるその複雑な編成の中でも、聴き所は・・・
環ROYと木下美紗都と蓮沼執太が織り重なり合うヴォーカル・アンサンブル。
イトケンとJimanicaの最強ドラマーコンビが生み出すリズム・アンサンブル。
弦2本、管3本、マリンバとスティールパンが溶け合う管弦楽+αのユニークなアンサンブル。

電子音楽家としてキャリアをスタートさせた蓮沼執太がつくりあげた曲とスコアを各
プレイヤーが思いのままに自由な発想でた楽曲達を、ライブの質感を残したまま、
スタジオで真空パック!
-------------------------------------------------------------------------------------------