番組審議会

「番組審議会からのお知らせ」放送内容

2020年3月「森貴俊のドラゴンズステーション」 「番組審議会からのお知らせ」放送内容

3月の番組審議会は、6日に開かれる予定でしたが、
新型コロナウィルスの影響により
委員からの書面による意見提出となりました。

今回は毎週月曜日から金曜日までの
午後4時から7時まで放送の
「森貴俊のドラゴンズステーション」について審議が行われました。
番組審議会の委員を五十音順にご紹介します。
麻生知章、岩瀬正明、三摩真己、 土岐正紀、宮﨑眞知、 山口禎一郎、以上の皆さんです。

この番組は2020年1月1日からスタートした番組で、
2019年4月スタートの
「大澤広樹のドラゴンズステーション」を新年を迎えるにあたりリニューアル。
プロ野球やドラゴンズについて精通したコアなファン層をメインターゲットにするのではなく、
比較的ライトなファン層を意識した構成で、ドラゴンズファンではないリスナーでも
楽しめる内容にしています。
今回は1月29日、水曜日の放送分について審議しました。

各委員の意見です。
「開幕へ向けてのドラゴンズファンの拡大、そしてガッツナイターのリスナーを拡大へと広げる為、
 様々な角度からのコーナーを設けた内容になっている。」  
「この番組はほぼ毎日聴いているが、各解説者の人柄がわかってよい。」
「ドラゴンズ情報のコーナーは掘り込んだ内容で、野球好きにはたまらないと思う。」      
「街中レポートはライトなファン層の共感を得やすく、解説者とリアルタイムで
   会話できる貴重な機会であり、ドラゴンズをキーワードとして話が広がるとドラゴンズファン層の
   裾野を広げていくことになっている。今後も継続してほしい。」  
「年代ボックスからボールを引いて、その年代のドラゴンズがどうだったのか、
   社会的な出来事などを紹介しながら進めるコーナー では、
   自分のなつかしい記憶を思い起こさせてくれて いいきっかけになった。
   さらにその時代の曲などもかけてくれたらいいのではないか。」
「新型コロナウィルスの影響で、オープン戦が無観客試合になったり、
  プロ野球の開幕が順延になったりとする時こそこのような ラジオ番組の存在意義が
  より濃くなっていると感じている。」
 
といった意見が出されました。

又、リスナーの皆さんから寄せられたお問い合わせや
苦情などは、2月は88件で、タイムテーブルのお問合せや、
番組内で紹介された曲や書籍、イベント、ラジコの聴き方などの
お問い合わせが寄せられたことを報告しました。

事務局 北敏明