番組審議会

「番組審議会からのお知らせ」放送内容

2020年11月「東海ラジオ防災特番2020 災害と生きる」 「番組審議会からのお知らせ」放送内容

11月の番組審議会が今月6日に開かれ、
「東海ラジオ防災特番2020 災害と生きる」 について審議が行われました。

番組審議会の委員を五十音順にご紹介します。
麻生知章、岩瀬正明、三摩真己、宮﨑眞知、山口禎一郎 以上の皆さんで、
土岐正紀委員は書面での出席となりました。

東海ラジオ放送側からは、小畑耕一 代表取締役社長
田中康之 常務取締役
北敏明  報道制作局長
林 直樹 報道制作局専任局長兼編成部長
井田勝也 プロデューサーが出席しました。

当社では、毎年9月1日「防災の日」に合わせ、東海・東南海・南海大地震を念頭に
地震を始めとする災害に対し、どう備えるべきかをテーマとした啓発番組を放送していますが、
今回は、新型コロナウイルス感染症流行に直面している中で新しい生活様式が防災に
どんな変化をもたらすかなど、コロナ禍と防災を結び付けて解説し、
これからの防災のあり方を紹介しました。

各委員の意見です。

「〝災害と生きる〟というサブタイトルは今の時代を上手く表していると思った」
「保存食や水のいらないシャンプーなどの防災グッズの紹介は、
 番組のアクセントやスパイスになっていて聞きやすかった」
「防災において、メンタルな部分やパーソナルな部分が番組の中で良く表現されている」
「災害が身近になりつつある現在、リスナーが緊張感をもって聞ける内容に
 してほしかったが、番組前半は緊張が感じられなかった」
「生放送の番組だったので、SNSなどを使って聴取者から質問をもらい、
 新井先生に答えてもらうなどの工夫があってもよかったと思う」
「全体的に新井先生の語り口に非常に好感が持て、番組に良い印象を与えている」
といった意見が出されました。

又、リスナーの皆さんから寄せられたお問い合わせや
苦情などは、10月は136件で
改編についてのお問い合せが多かったことを報告しました。

以上が11月の番組審議会の概要です。

事務局 林直樹