番組審議会

  • radiko.jp

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

「番組審議会からのお知らせ」放送内容

2022年4月「ナイターイン編成・春改編」 「番組審議会からのお知らせ」放送内容

4月の番組審議会が今月1日に開かれ、  
「ナイターイン編成・春改編」について審議が行われました。

番組審議会の委員を五十音順にご紹介します。
佐渡浩、三摩真己、髙木久代、土岐正紀、籾山貢、山口禎一郎
以上の皆さんです。

今回の改編のキャッチコピーは「チェンジ&チャージ 東海ラジオ~ミュージック&ベースボール 週末がチェンジ! オトナのMusicであなたのココロをチャージ♪Dragonsがチェンジ! Dragonsでチャージ!ラジオで熱くなれ!!」 です。
土日の朝昼帯から夜帯ワイド番組が全て変わります。新しいワイド番組が5つ、リニューアルが1つとなります。
現在、ラジオの聴取方法はデバイスチェンジも含め多種多様化してきています。カーラジオの聴取が他地域より多い 東海地区で、ディタイムをライブ聴取ターゲットと位置づけ、東海ラジオの強みである「トーク力」と「ミュージック」をハイブリッドした放送を目指します。
東海ラジオが従来から持つ各DJの「トーク力」に加え、4月からは「ミュージック」の要素を大幅にプラスします。
「ミュージック」のキーワードは「オトナ」です。デイタイムは「オトナ」をターゲットに厳選にセレクトした
上質な楽曲を提案していきます。
そして夜帯の編成は「タイムフリー聴取ターゲット」としてジャンルごとにゾーン分けしました。
「アイドル」「ミュージック」「カルチャー」「アニメ&ゲーム」「コメディ」「演歌」の6つのゾーンに分け、リスナーの嗜好に沿った聴取をしていただけるよう配置しました。
今回の改編率は40%です。

委員からの意見です。

「選曲にしても東海ラジオらしさを出してほしい。他局の選曲とは一味違うポイントのようなものに期待したい」

「東海ラジオはAMのノウハウに加え、今後FMと戦っていかなくてはいけない中でどんなツールが必要なのか、試行錯誤の中か ら出てきた土日の改編だ」

「SNSを使ってリスナーと双方向のコミュニケーションを取ってコアなリスナーも取り込んでいって欲しい」

「DJもAM・FMと入り混じった中で、聞いただけで東海ラジオだと分かるような雰囲気を醸し出していくことが重要だ」

「ONE STYLEの高井さんは知名度も高く、声を聞きながら視覚的にも想像が出来る新しい発想の番組だ」

「ビジターゲームでネット受けする場合、解説やスタジアムの臨場感など難しい問題だと思うが熟考して欲しい」


又、リスナーの皆さんから寄せられたお問い合わせや
苦情などは、3月は69件で、改編後の放送時間の変更ついての
問い合わせが多かったです。

以上が4月の番組審議会の概要です。

事務局 岸田実也