高校ラジオクラブ

  • radiko.jp

カレンダー

ブログ内検索

RSS2.0

[login]

a-blog cms

ラストイヤー…高校生漫才に芸人通女子は笑うか 予告

渾身のネタを見せる有賀さん(左)と近藤さんのコンビ「コッペパン」

毎月1組の高校生が東海ラジオのスタジオで番組をつくる『高校ラジオクラブ』(月曜21:40-21:50)。今週は愛知・至学館高校3年男子によるお笑いコンビ「コッペパン」の近藤輝愛来さんと有賀優大さんが3度目の漫才に挑戦。過去2回スベりつづけてきた2人を審査するのは、芸人ラジオをこよなく愛する岐阜・中京高校1年女子の古井日和さん。いよいよネタ披露です!
※この収録風景は三才ブックス『必聴ラジオ2021』にも掲載されています


井田アナ(左)や古井さん(右)からは笑いが?ネタは必聴です!

ボケの近藤さんとツッコミの有賀さんによるコッペパンは結成3年。M-1予選出場歴はあるものの2019年2月2020年3月の高校ラジオクラブ出演はいずれも不発でした。そこに2020年7月の番組でお笑い芸人や彼らのラジオ番組への造詣の深さを示した古井さんを番組スタッフがマッチング。ラストイヤーということもあって「下手はこけない」「やるしかない」と気合十分のコッペパンは揃いの白Tシャツに制服をまとい「頭が真っ白」「白い消しゴム」「白球を追う野球」と白で統一された世界観を展開しました…というのはあくまで古井さんの見立てであって、当の本人たちは「そのつもりはなかった」「ミラクル」と偶然だったことを強調。古井さんのせっかくの評価が台なしになってしまいました。それでも「赤点を取ると思っていた」井田勝也アナウンサーにとっては予想外の面白さ。スベることを想定していたためプロの作家に頼んで「追試」を用意していたことを告白します。次回18日からはセカンドステージとしてコッペパンがプロによるネタを演じます!


「新しい空気吸いたい!」やりきってスタジオを飛び出すコッペパン

高校生なら誰でも参加できるのがこの番組のウリ。この機会に、あなたが伝えたいことばや思いをラジオで放送してみませんか?参加方法は「データ送付」「リモート出演」「スタジオ収録」の3つをご用意しました(データ送付についてはご相談ください)。そしていよいよスタジオ収録を再開!東海ラジオのスタジオを体験したい人は奮ってご参加ください!「密を避けたい」「名古屋は遠いんだけど」というあなたにはリモート収録にも対応します!応募は下の「R15」ロゴをクリック公式Twitterも始めました。こちらもチェックしてください。あなたのご参加をお待ちしています!


のりかえ≫radikoでシェア!

のりかえ≫参加者いつでも募集中!


■高校ラジオクラブ
1月11日(月祝)
21:40-21:50